So-net無料ブログ作成

映画 レッド・リーコン 1942 ナチス侵攻阻止作戦 (2015露) [日記(2019)]

レッド・リーコン1942 ナチス侵攻阻止作戦 [DVD]  amazonのPrimVideoで観たロシア映画、邦題通り「大祖国戦争」でナチスと戦うソ連軍の話です。
 ヴァスコフ曹長が率いる高射砲2門の小さい兵営の話です。敵も現れないので、兵士は村の娘と懇ろになり酒を飲んで喧嘩ばかり。業を煮やしたヴァスコフは、酒を飲まない兵士を送れと司令部に要求し、やってきたのは何と女性兵士の一団。女性兵士といえどソ連の兵士は勇敢。ドイツの爆撃機が飛来するや、高射砲で撃ち落とします。指揮を取るのがオシャニーナ伍長。

 前半、女性兵士たちの来歴が語られます。リザヴェータ・ブルチキナは富農(クラーク)の娘で、ロシア革命で一家はシベリアに追放され軍に投じます。オシャニーナの夫はドイツ軍の侵攻で夫は戦死、1歳半の息子を母親に預け赤軍伍長となります。コメルコワは将軍の娘で、既婚者の中佐と道ならぬ恋の末兵士となり、ジェーニャは家族をナチスに虐殺され、ユダヤ人のグルヴィイッチは一家は強制収容所に送られ恋人を「大祖国戦争」で失い、チェトヴェルタクは孤児。いずれも歴史に翻弄された女性たちが兵士となって祖国のために戦うという設定。女性が社会進出する共産国ならではの戦争ものです。
 彼女たちを率いるヴァスコフは職業軍人。看護師と結婚し息子を得ますが、負傷し病院に入っている間に妻は駆け落ちして離婚、母親に預けた一人息子は病で亡くなるという過去を抱えています。

 オシャニーナが森で2人のドイツ軍斥候を発見し、後方撹乱を目的とするゲリラと考えたヴァスコフは、彼女たち5人を率いてドイツ兵を追います。『レッド・リーコン』は、曹長に率いられた女性兵士たちの物語です。
 ドイツ兵は2人ではなく機関銃で武装した16人。16人にヴァスコフに率いられた5人の女性兵士が戦いを挑みます。人数と武器で劣勢のヴァスコフ隊は、ドイツ兵を倒し機関銃を奪って戦います。武器不足ため弾だけ渡され、死んだ味方の兵士の銃で戦う『スターリングラード』を思い起こします。女性兵士はけなげに戦いますが、ひとりまたひとりと倒され、彼女達の死に、前半で描かれた過去がダブり戦争の悲劇を盛り上げます。死者1500万人ともいわれる独ソ戦のほんの小さな戦いですが、どの戦場でも兵士ひとりひとりが背負ったものの重さは変わらない。戦争映画の佳作、おすすめです。
The Dawns Here Are Quiet(1972)』のリメイクだそうです。

監督:レナト・ダヴレトヤロフ
出演: ピョートル・フョードロフ, アナスタシア・ミクルチナ

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。